中国・杭州空港に到着

ソウル・仁川空港を発つこと2時間。あっという間に中国・杭州空港に到着。空港の建物は決して新しくはないが、清潔で快適である。杭州駅への空港バスの切符を買い込むと乗り込むべきバスを探す。バスはすぐ見つかったが、荷物は自分で荷物入れに入れろという。自分で荷物を押し込んだが、本当にこれでいいのか少し不安になる。中国ではいちいち何をやるにも不安だ。5年前に比べると、中国は遥かに安全で清潔になっているものの、それにしても不安だ。たぶん、この不安は、根本的には日本の議会制民主主義と中国の共産党一党独裁という政治体制の違いに起因している。日本で培った社会常識が中国でどれくらい通用するのか、ついぞ確信が持てないのだ。

ただ、私の経験でいうと、中国人は、「この連中はなんでいつも怒っているのだろう?」と思うほどに店員の類は愛想がないのだが、おもむろに人をだましたりする人間に普通、出会うことはない。(ぼったくろうとする人間には、価格交渉するときには出会う。だが、これは一種の商行為であって、私は人をだましているわけではないと考えている)基本的に中国人はまじめで勤勉だ。しかし、いろいろ常識が違うので、やっぱり不安は感じざるをえない。

とか考えているうちに杭州駅に到着。例によって巨大な駅舎に感動する。中国は何事もスケールが大きいのだ。

杭州駅で5月もお世話になったカンカンと彼女の元同僚の周さんと会う。カンカンには今回も案内してもらうことになっている。お世話になります!